しろくまも湯船手帖。

お風呂好きな美術作家。何気ない日日の中で見つけた暮らしのヒントを綴ります。

JINS | ジャスパーモリソンのプロダクト vol.1

 JINS×Jasper Morrison

 

 
 
この投稿をInstagramで見る

JINS公式さん(@jins_japan)がシェアした投稿 -

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

JINS公式さん(@jins_japan)がシェアした投稿 -

 

顔にかけたときに平面で見えるイメージを大事に、レンズシェイプからデザインをスタート 。鼻盛りも、基準を見直し、よりフレームに馴染むようデザイン。自然なかけ心地で、正面から見ても目立ちにくく、すっきりした印象です。通常のマットだとつや消し感が強すぎるため、JINSのマット塗装ではつや消しの度合いを調節し絶妙なやさしさのある塗装に仕上げています。

出展:https://www.jins.com/jp/item/URF-17S-283.html

 

男女問わず、どんな人にも似合うおすすめのプロダクトです。ぜひ、ジャスパーモリソンのメガネを試してみてください。

 

 

英国のデザイナー、ジャスパー・モリソン。

英国のデザイナー、ジャスパー・モリソン。 

 ジャスパー・モリソン(Jasper Morrison, 1959年 - )は、ロンドン出身のプロダクトデザイナーである。ロンドン王立芸術学院を卒業後、ベルリンにてデザインを学び、1986年にデザイン事務所Office for Designを設立する。東京・ロンドン・パリに居住しながら世界各地を移動し、家具から交通機関まで、多岐に渡るデザインを手がける。簡潔かつ、変わらぬ価値を持ち続ける普遍的なデザインに特徴がある。現在最も影響力のあるプロダクトデザイナーの一人である。

出典:ジャスパー・モリソン - Wikipedia

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

FLOS North Americaさん(@flos_northamerica)がシェアした投稿 -  

  

ジャスパーモリソンの家具

 Ply-Chair(プライチェア)| Vitra
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Jasper Morrisonさん(@jasper.morrison)がシェアした投稿 -

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Vitra Design Museumさん(@vitradesignmuseum)がシェアした投稿 -

 プライウッドの質感を活かしたシンプルなチェアなです。 ジャスパー・モリソンがその場で電動糸ノコと雲形定規だけを使って制作しました。椅子後脚や背もたれの部分の微妙なカーブなどディテールにこだわった精巧な技術でデザインされています。

 

Glo-Ball(グロボール)| FLOS 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

FLOS North Americaさん(@flos_northamerica)がシェアした投稿 -

シンプルで装飾のない、ゆるやかに円弧を描く光が浮かび、あたたかみのある落ち着いた空間を演出します。ジャスパー・モリソンの「謙虚で静かな、そして暮らしの中で便利な道具であるべき」というデザイン哲学を感じさせてくれます。

レンゾ・ピアノについてもう少し

建築だけでないレンゾ・ピアノのカトラリー

iittala / Piano
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Iittalaさん(@iittala)がシェアした投稿 -


Pianoは見た目、機能性だけでなく心地よく使えるカトラリー。持ち手部分を曲面でしあげ、シンプルだけど、とても心地よい使い勝手です。ぜび、ご堪能ください。

 

こちらからご購入いただけます。

 

こちらからご購入いただけます。

 

 レンゾ・ピアノの書籍はこちらをご参考ください。

Renzo Piano Building Workshop レンゾ・ピアノ 1989-2010―a+u Special Issue(エー・アンド・ユー臨時増刊)

Renzo Piano Building Workshop レンゾ・ピアノ 1989-2010―a+u Special Issue(エー・アンド・ユー臨時増刊)

 
レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ全作品集〈Volume1〉

レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップ全作品集〈Volume1〉

 

 

ぜひ、イタリアの巨匠レンゾ・ピアノをご堪能くださいね。

 

日本で体感できる、レンゾ・ピアノの建築。

今回は前回に続けて、日本にあるレンゾ・ピアノの建築についてご紹介します。

sirokuma3898.hatenablog.com

前回の記事はこちらをご参照ください。

関西国際空港旅客ターミナルビル

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Japan Kansai Airportsさん(@kansaiairports)がシェアした投稿 -

 建築概要

建造に際しては、建築設計競技の結果、イタリア建築家レンゾ・ピアノが設計を担当し、構造設計にはアラップが携わった。内外装はガラスが多く使われ、屋根は飛行機の翼をイメージした緩やかな円弧状のカーブを描く形であり、上空から見ると本ターミナルは「翼を休める鳥」を模した形になっている。

 出典:関西国際空港 - Wikipedia

 

メゾン・エルメス 銀座

 建築概要

5センチ角のガラスブロック13,000個をほば、ジョイントされることなく屋上から吊りさげる構造。光が照らす、時間帯によって風情が変化し、とても魅力的です。こちらの動画は銀座メゾンエルメス フォーラムにて開催されたパリを拠点に制作するアーティスト、湊 茉莉の制作風景です。

 

日本でも体感できるレンゾ・ピアノの作品。ぜひ、ご覧くださいね。

レンゾ・ピアノ|インテリアから公共建築まで

建築家、レンゾ・ピアノについて知る。

レンゾ・ピアノ(Renzo Piano、1937年9月14日 - )はイタリアを代表する建築家インテリアから公共建築まで幅広く手がけている。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Renzo Piano Building Workshopさん(@renzopianofficial)がシェアした投稿 -

1937年ジェノヴァ建設業を営む家に生まれる。フィレンツェ大学への2年の在籍を経て、1964年ミラノ工科大学卒業。フランコ・アルビーニの下で働いた後、1965年、スタジオ・ピアノ設立。1960年代後半は、オリベッティ・アンダーウッド工場の設計でルイス・I・カーンの共働した。 1970年から1977年にかけて、リチャード・ロジャースと共に建築設計事務所「ピアノ&ロジャース」を共同主宰。建築設計競技で勝ち取ったポンピドゥー・センターの設計を共同で進めた1977年から1980年にかけては、構造家ピーター・ライスと共同でピアノ&ライス&アソシエイツを主宰した。1981年レンゾ・ピアノ・ビルディング・ワークショップを故郷のジェノヴァに設立。

主要な作品としては、国際舞台に衝撃を与えたポンピドゥー・センター、20世紀の建築におけるエンジニアリング・構造設計の最大の成果である関西国際空港旅客ターミナルビル設計、ベルリンポツダム広場の再開発にあたってのダイムラー・シティのマスタープラン設計であろう。いずれも、巨大建築に求められる技術的課題に応え、国際空港の象徴性やベルリンの周囲の歴史的文脈などといったものにも配慮をしている。

彼の設計による超高層ビルがベルリン以外ではシドニー(オーロラ・プレイス)などに設計されたほか、ロンドンのロンドン・ブリッジ駅の南西側に所在する「シャード・ロンドン・ブリッジ(Shard London Bridge)」という87階建て高さ310mのピラミッド型超高層ビルがある。(2008年9月に着工、2012年7月5日に外構竣工)

出典:レンゾ・ピアノ - Wikipedia

ポンピドゥー・センター|レンゾ・ピアノの代表作

|  建築概要  |

ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター は、パリ4区のサン=メリ地区にある総合文化施設である。1969年に、近代芸術の愛好家でもあったジョルジュ・ポンピドゥー大統領 が、首都パリの中心部に造形芸術のほか、デザイン音楽映画関連の施設および図書館を含む近現代芸術拠点を設ける構想を発表。7階建て(+地下3階)のポンピドゥー・センター(延床面積103,305 m²)は、公共情報図書館(BPI; 10,400 m²; 1階から3階まで)、国立近代美術館(MNAM; 常設展12,210 m², 企画展5,900 m²; 4階から6階まで)、レストラン、カフェを含む屋上、2つの映画館(それぞれ315席、144席)、多目的ホール(384席)、会議室(158席)により構成され、さらに附属施設として敷地内に国立音響音楽研究所 (IRCAM) がある。

 

|  建築の構造について |

建物外側に工事現場の足場のように鉄骨を組み立て、ここに電気、水道、空調の配管設備、階段、エスカレーターなどを配した斬新なデザインは物議を醸し、「パリの美観を損なう前衛芸術」、「配管設備のノートルダム」、「芸術の倉庫」、「ガス工場」、「石油精製工場」「文化のがらくた置き場」、またはアクアリウムプラネタリウムをもじって「ポンピドリウム」などと批判されたジャン・ボードリヤールは『ボーブール効果』のなかで「文化のハイパーマーケット」と形容した。これらの設備はカラーコードで示され、青は空気の流れ(空調)、緑は水の流れ(水道)、黄色は電気の流れ、そして赤は人の流れ(階段、エスカレーター)を表わしているレンゾ・ピアノは「いかめしい文化施設(建築物)のイメージを破壊したかった。これは芸術と人間のこの上なく自由な関係の夢であり、同時にまた、街の息吹が感じられる場である」と語った。

 出典:ポンピドゥー・センター - Wikipedia

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Renzo Piano Building Workshopさん(@renzopianofficial)がシェアした投稿 -

 

 次回はレンゾ・ピアノについてもっとほりさげてかきたいと思います!

 

日本でも見られるフランク・ゲーリーの作品

日本でも見られるフランク・ゲーリー

フィッシュ・ダンス

アクセス|神戸市営地下鉄海岸線 みなと元町駅 徒歩10分

フィッシュ・ダンスは、神戸港メリケンパークに建つ高さ22mの巨大な鯉のオブジェ。1987年(昭和62年)に神戸開港120年を記念して設置された。世界的建築家フランク・ゲーリーが設計を、同じく安藤忠雄が監修を担当した芸術作品である。

 出展:フィッシュ・ダンス - Wikipedia

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Urbanenseさん(@urbanense)がシェアした投稿 -

映画『 スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー

大胆かつ奇抜な建築フォルムを次々と生み出してきた天才建築家フランク・ゲーリー。彼の親友であり“建築は素人同然”と公言する映画監督のシドニー・ポラックが、これまで決して明かされることのなかったそのあまりにも独創的な創造の秘密に迫る貴重なドキュメンタリー。


『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』 予告編

こちらアマゾンでも購入できます。

 

安藤忠雄の語るフランク・ゲーリー

21_21DESIGN SIGHTにて2015年10月 - 2016年2月で展示されたフランク・ゲーリー展。フィッシュ・ダンスを監修した建築家の安藤忠雄が語るフランク・ゲーリーもおすすめです。

フランク・ゲーリーについて —安藤忠雄(建築家) from 21_21 DESIGN SIGHT on Vimeo.

 

その他、フランク・ゲーリーについての著書もおすすめ! 
フランク・ゲーリー 建築の話をしよう

フランク・ゲーリー 建築の話をしよう

 
世界現代住宅全集 20 フランク・O・ゲーリー ゲーリー邸

世界現代住宅全集 20 フランク・O・ゲーリー ゲーリー邸

 
FRANK GEHRY RECENT PROJECT

FRANK GEHRY RECENT PROJECT

 

こちら関連記事も合わせて読んでみてください。

sirokuma3898.hatenablog.com

 

フランク・ゲーリー|アメリカを代表する建築家

フランク・ゲーリーについて知る。

フランク・オーウェンゲーリー(Frank Owen Gehry、1929年2月28日 - ) はアメリカ合衆国ロサンゼルスを本拠地とする、カナダトロント出身の建築家

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Frank Gehryさん(@frankgehry)がシェアした投稿 -

 

  現代アメリカを代表する最もセンセーショナルな建築家の一人。スペイン、ビルバオの「グッゲンハイム美術館」(1997)は、地面から湧き出るように立ち現われ、渦巻くような躍動感のある造形を見せている。1929年、カナダ・トロントに生まれ、南カリフォルニア大学ハーバード大学に学んだ。62年以来、ロサンゼルスを活動の本拠に定め、直感的で彫刻的とさえいわれる建築に対するアプローチを育ぐくんできた。 建築界に鮮烈にデビューしたのは「ゲーリー自邸」(1979)。ローコストの工業用材を用い、完結した形態を排除したこの建物は、80年代後半に現われるディコンストラクティヴィズム(脱構築主義)のさきがけとなった。「カリフォルニア航空宇宙博物館」(1984)、バーゼル近郊の「ヴィトラ家具博物館」(1989)、サンタモニカの「TBWA\シャイアット\デイ事務所」(1992)、ミネソタ大学の「ワイスマン美術館」(1993)など、その造形はつねに自由奔放、遊び心やユーモアに満ち、現代社会のエネルギーを紡ぎ出している。

出典:フランク・ゲーリー - 高松宮殿下記念世界文化賞

フランク・ゲーリーの主な作品 

 グッケンハイム美術館

|  建築概要  |

ビルバオグッゲンハイム美術館英語Guggenheim Museum Bilbao)は、スペインビルバオにある美術館近現代美術が専門であり、1997年10月18日に開館した。ビルバオグッゲンハイム美術館の建物は現代建築でもっとも称賛される作品のひとつであり、「この建物についての評価で批評家・学者・公衆が完全に一体となる稀な瞬間」があるとして、「建築文化における注目に値する瞬間」(signal moment in the architectural culture)として称えられている。

 

|  建築の構造について |

ソロモン・R・グッゲンハイム財団はアメリカ人建築家のフランク・ゲーリーを建物の設計に、トーマス・クレンスを美術館のディレクターに選出し、大胆かつ革新的な美術館であることを求めた。建物外壁の曲面は無規則性が意図され、ゲーリーは「曲面の無規則性が光を集めるように設計した」と述べた 戦闘機の設計などに使用されるCADシステムを用いて構造計算されるなど、時代の最先端の技術を利用して設計されている。内部は大規模で明るいアトリウムを中心に設計され、アトリウムからはビルバオ河口ビルバオ周辺の山地が見渡せる。美術館の中央部をまとめている形状から、ゲーリーはこのアトリウムをフラワー(The Flower)と名付けた

出典:ビルバオ・グッゲンハイム美術館 - Wikipedia

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Museo Guggenheim Bilbaoさん(@museoguggenheim)がシェアした投稿 -

wigglesidechair

1970年に手掛けたWiggle Side Chair(ウィグルサイドチェア)Wiggleとは英語でクネクネという意味で、段ボールを使った曲線的なフォルムが特徴的のチェアです。段ボールでありながら、強度をもち、軽く、柔らかさをもった機能的な椅子です。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Museum of Ғurniture Studiesさん(@mobeldesignmuseum)がシェアした投稿 -

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

The Design Museumさん(@designmuseum)がシェアした投稿 -

 

こちら関連記事も合わせて読んでみてください。

sirokuma3898.hatenablog.com

 

日本で体感できる、ノーマン・フォスターの建築。

今回は前回に続けて、日本にあるフォスター建築についてご紹介します。

sirokuma3898.hatenablog.com

前回の記事はこちらをご参照ください。

センチュリータワー

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

urbanscape🌲さん(@urbanscape)がシェアした投稿 -  

建築概要

ブレースの露出、アトリウムで連結されたタワーが特徴である。二層毎の構造で、中間階は吊り構造になっている。当初は大林組、その後2003年2月までは野村総合研究所お茶の水総合センター)、2004年4月から2009年7月までは加賀電子グループの本社が置かれていた。2009年に学校法人順天堂が住友信託銀行グループより当ビルを取得して、「順天堂大学11号館」としている

 出典:センチュリータワー - Wikipedia 

 

鎌倉歴史文化交流館

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

urbanscape🌲さん(@urbanscape)がシェアした投稿 -

建築概要

平行構造の壁が並んでいますが、これらの壁で仕切られた内部空間は、奥へと進むにつれて外部風景を取り込ながら、明暗のグラデーションをつくります。光ファイバーを組み込んだ人造大理石や廃テレビ管を利用したガラスブロックなど特殊素材をつかい、魅力的です。

館の敷地及び建物(ノーマン・フォスターが代表を務めるフォスター・アンド・パートナーズが設計した「Kamakura House」として2004年に竣工)は、一般財団法人センチュリー文化財団等が所有していたが、2013年に寄附等により鎌倉市が取得した。もともと鎌倉市には市営博物館がなく、世界遺産の登録を目指していた「武家の古都・鎌倉」の遺産価値を補完するガイダンス施設の候補地として取得されたものだったが、同年にUNESCOの諮問機関であるICOMOSから不記載勧告を受けたことにより、政府が「武家の古都・鎌倉」の世界文化遺産登録への推薦を取り下げたため、(仮称)鎌倉歴史文化交流センターに計画が変更された。個人の住居を改修し、公共施設に用途を変更する計画であったことから、周辺住民の理解を得るための交渉や、建物改修の入札が不調となったことなどに時間を要し、最終的に2017年3月に建物の改修が完了した。

出典:鎌倉歴史文化交流館 - Wikipedia 

開館概要
  • アクセス|JR鎌倉駅江ノ電鎌倉駅から徒歩7分
  • 開館時間|10:00〜16:00(入館は15:30まで)
  • 休館日|日曜・祝日 年末年始
  • 観覧料|一般300円 小・中学生100円
  • TEL|0467-73-8501

 

ぜひ、フォスター建築を味わってみてくださいね。

 

 

ノーマン・フォスター『建築は芸術と科学の融合』

英国の巨匠 。ノーマン・フォスター

ノーマン・フォスター(Norman Foster.1935年6月1日 - )は、イギリスマンチェスター生まれの建築家。科学技術を駆使し、21世紀の建築の最先端を創造する建築家です。 

 「建築は芸術と科学の融合」を持論とする建築家。銀行、美術館、空港から地下鉄に至るまで世界中で多様なプロジェクトを手がけてきた。洗練されたハイテク美と環境配慮は世界的な称賛を浴びている。最近ではベルリンのドイツ連邦議会新議事堂やロンドンの大英博物館グレートコートの改修のように、ハイテク技術を駆使して歴史的建造物を再生する手法が高く評価されている。マンチェスターで生まれ育ちロンドン在住。東京にはセンチュリー・タワーがある。 

出典:ノーマン・フォスター - 高松宮殿下記念世界文化賞

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Norman Robert Fosterさん(@officialnormanfoster)がシェアした投稿 -

 

ノーマン・フォスターの主な作品  

新ロンドン市庁舎    
 
 
 
この投稿をInstagramで見る

TOWER Londonさん(@towerlondon)がシェアした投稿 -

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Londonさん(@london_metropolis)がシェアした投稿 -

長さ500m の螺旋状の通路が建物の最上部まで昇っている。10階建ての建物の最上階は "London's Living Room"(ロンドンのリビングルーム)と呼ばれる展示・会議スペースとなっており、開放的な展望デッキを備えていることもあって、時折、一般開放されている。通路からは建物内部を眺める渡すことが出来、その透明性を象徴付けている。設計者のフォスターは、ドイツ国会議事堂の改修(1999年)の際にも、似たような設計を施している。2006年、建物に太陽光発電装置を取り付けることがロンドン気候変動局により発表された。 

出典:シティ・ホール (ロンドン) - Wikipedia

 斜めにずらされた螺旋階段は光をとりこみ、意匠性を意識。2002年完成。

さらに、フォスターについて知るには?

映画『フォスター卿の建築術』 


映画『フォスター卿の建築術』予告編

 

フォスター卿の建築術(字幕版)

アマゾンでもDVDを購入できます。

渋谷アップリンクでも放映されました。フォスターのスケッチから建築ができるまで、現在80代のフォスターが21世紀の最新建築をつくりだすドキュメンタリー映画です。

www.uplink.co.jp

 その他の書籍もおすすめ。
ノーマン・フォスター 建築とともに生きる

ノーマン・フォスター 建築とともに生きる

 

 

 

ノーマン・フォスター―フォスター・アンド・パートナーズ (世界の建築家シリーズ10選)

ノーマン・フォスター―フォスター・アンド・パートナーズ (世界の建築家シリーズ10選)

 

 

アート建築複合態

アート建築複合態

 

 

 

 

誰にでも愛されるイームズデザイン

イームズのデザイン

チャールズ&レイ・イームズアメリカでミッドセンチュリー(1950年代を中心に1940~1960年代)に時代に活躍したデザイナー、建築家、映像作家です。第二次世界大戦が終わった1950年代に活躍したイームズのデザインは開放感のあるポップなカラー、機能性と美しさを兼ね備えたデザインが特徴です。

 
 
 
View this post on Instagram

Charles & Ray Eamesさん(@eamesoffice)がシェアした投稿 -

 イームズの主な作品

プライウッドのエレファント( 1945年 )
 
 
 
View this post on Instagram

Charles & Ray Eamesさん(@eamesoffice)がシェアした投稿 -

バーチ材の成形合板で作られています。合板を成形する段階のアイデアから生まれた。直線のデザインが多かった当時。曲線を利用した家具は画期的でした。 

ハング・イット・オール(1953年) 
 
 
 
View this post on Instagram

Charles & Ray Eamesさん(@eamesoffice)がシェアした投稿 -

ポップなカラーが魅力的なハンガーは帽子や服など魅力的なものを引っ掛けて遊んだり、オブジェとし楽しむことができます。 

 ラウンジチェアウッド/LCW ( 1945年)
 
 
 
View this post on Instagram

Charles & Ray Eamesさん(@eamesoffice)がシェアした投稿 -

成形合板の技術により、体にフィットする優しい曲面や大量生産に耐えうる成形の簡易性が実現した。 

 イームズ邸(ケース・スタディ・ハウス #8) 
 
 
 
View this post on Instagram

Charles & Ray Eamesさん(@eamesoffice)がシェアした投稿 -

 
 
 
View this post on Instagram

Charles & Ray Eamesさん(@eamesoffice)がシェアした投稿 -

工業用部材を組み合わせてつくった住宅。雑誌『アーツ・アンド・アーキテクチュア』が始めた新しい時代の住宅像をメディア、クライアント、施工業者、メーカーまでを一体的に巻き込みながら、メディアが主導する形であたらしい南カリフォルニアの住宅を提案する企画でイームズ夫妻はこの住宅を提案しました。

イームズを知る、ドキュメンタリー映画


『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』予告編1 

イームズについてもっと詳しく知りたい方はこちらの映画がおすすめ。当時のアメリカのデザインの歴史やイームズの生涯から、デザイン、建築など詳しく知ることができます。 

カナダ発のインテリアショップGenerate Design 

 
 
 
View this post on Instagram

Generate Designさん(@generate_design_japan)がシェアした投稿 -

ミッドセンチュリーに触れ、 海外インテリアを身近にに感じたい。お家のインテリアとしてもとりいれたい。そんな方にはカナダ発のインテリアショップGENERATE DESIGN(こちらからサイトへどうぞ )お気に入りのインテリアが見つかります!

 

まだまだある!イームズのインテリア!

 

 

誰にでもわかりやすく、明快なイームズのデザイン。半世紀たった今でも世界中の人々に愛されています。ぜひ、ミッドセンチュリー、イームズのデザインに触れてみてください。 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村